忘れずに転入届を提出しましょう

新居のある土地に引越したら、それから14日以内に市町村役場に転入届を出さなければなりません。法律では14日以降を過ぎての提出は「5万円以下の過料」を取られてしまうことがあるので、できるだけ早いうちに出しに行くといいでしょう。転出届は引越しの2週間前から2週間後に提出すれば大丈夫ですが、転入届は事前に提出することはできませんので、注意しておきましょう。

 

 

転入届は、転入する本人または世帯主が提出する必要があります。代理人申請も可能ですが、その場合は委任状と転入する本人の確認ができる書類が必要になります。自治体によって必要なものが変わってきますので、代理人申請を希望する場合には、二度手間にならないよう前もって確認を取りましょう。
転入届を提出する際には、引越し前に手続きを行った転出証明書が必要となってきます。引越し前の手続きでも触れましたが、荷造りなどしている最中に失くさないよう、貴重品と共にきちんと管理しておくと安心です。貴重品は万が一のことを考えると梱包せずにバッグに入れるなどして、自分の体と一緒に引越しをさせたほうが安心ですから、そういったものと一緒にまとめておきましょう。もしも失くしてしまった場合には転出届を提出した自治体で「転出証明書に代わる証明書」というものを発行してもらうことが可能ですが、引越し後も慌しく過ごすことになるでしょうから、細心の注意を払っておきたいところだと思います。

 

 

また転入届を提出時に、役場で済まさないといけない事項をまとめておき一日で終わらせるとその後が楽ですので、国民年金や健康保険など各自届け出るものがないかどうか今一度確認しておくといいと思います。