まずは東京−宮城県間の引越し料金目安を知りましょう!

東京―宮城間で引越しをする場合、どのくらい料金がかかるのか気になりますよね。

料金を知る前に、まずは東京と宮城の走行距離について知っておきましょう。
何故なら、引越し料金というのは、走行距離が長ければ長いほど高くなるものだからです。

 

以下に、具体的な走行距離の一例を記しておきます。

 

 

<東京と宮城県の距離(走行距離)>
・東京23区江戸川区⇔気仙沼市  486km
・東京23区世田谷区⇔石巻市 424km
・東京23区練馬区⇔大崎市 403km
・新宿⇔仙台市 367km
・武蔵野市吉祥寺⇔登米市 441km
・八王子市⇔名取市 407km

 

いかがでしょうか?新幹線で1時間半〜2時間くらいあれば行き来できる東京―宮城間とはいえ、
なかなかの遠距離ですよね。

 

では、相場料金は結局どのくらい?

東京―宮城間引越しの料金相場ですが、単身引越しで4万〜8万、二人の引越しで10〜15万、
三人以上ですと12万〜20万越えくらい
になります。

 

といっても、具体的な距離や割引プラン等で料金はいくらでも変動しますので、
あくまで目安としてインプットしておいてください。
特に3月〜4月上旬の最繁忙期には料金を2割から3割以上値上げする業者があると言われています。

 

独身者向けのサービスとして単身パック(各社、サービス名称が変わります)が知られていますが、単身だからと言って、どうしても単身パックを利用するのが良い選択では無いのでココには注意をしましょう。
コンテナなどに混載できるサイズの専用ボックスに大きくない家財道具を詰め込むサービスを単身パックと呼んでいるのですが、仮に、1ボックス(パック専用)に入りきらず荷物が残る場合、もう1基ボックスを追加するハメになり、料金が倍になる人も珍しくありません。こういうこともあるので単身パックは荷物量が極々少ない人向けであるという事実を頭に入れて見積もりを比べてみましょう。

 

またコマーシャルによってメジャーとなった日通のワンルーム・パックは距離30キロ&作業時間4時間以内と条件が設けられています。つまり近距離の引っ越しでしか利用出来ないわけで、予定している東京−宮城県間では利用はできないことになります。

 

引越を一家で実施する、殊に遠方への引越をするのなら、一人で引越すときよりも値上がりします。ちょっとでも費用を下げたいのなら、荷物量をひたすらに減らし、いらなければ捨ててしまう、大きめの家具や家電は引越し後に買う対処をお勧めします。平日や繁忙期以外に実施するという方法も用いたいです。

 

いずれにせよ、そこそこの遠距離である以上、ある程度値段が高くなってしまうことは避けられません><
これは、少しでも引越し料金を安くした方が良いでしょう!!
ですが一体…どこの業者が一番安くしてくれるのでしょうか?

 

しかも、「安かろう悪かろう」という言葉通りに荷物を紛失・破損されても困ります。
安心できる価格で、信頼できる作業をして頂ける。

 

そんな業者をお手軽に探す、★☆★☆ 無料一括見積もりサービス ☆★☆★
というものがあります!!!

♪♪無料一括見積サービス♪♪を最大限に利用しよう!!

まずはこのサービスを提供しているサイトにアクセスし、住所などの必要事項を入力します。
それを送信し、後は待つだけ!!!

 

サイトに登録されている200社以上の業者の中うち数社から、見積もり金額が届くのです!!
各業者に電話をかけたり、業者の公式サイトにアクセスして専用フォームから見積もりを依頼するより
早く、確実に引越し料金を見積もってもらえるのです♪♪

 

 

☆☆☆☆東京⇔宮城県の最も安い引越し業者の料金はいくら? >>> Click!!

 

 

 

東京⇔宮城県間を引越した体験談

転勤のため仙台市から都内墨田区へ夫婦2人世帯の引越し

2015年12月下旬の土曜日に旦那の転勤のため.夫婦2人で宮城県仙台市宮城野区から東京都墨田区へ引越しをしました。1LDKマンションから同じく1LDKへの引越しでした。

 

引越しではサカイ引越しセンターを利用しました。相見積もりをとった際、こちらの業者の対応の方がよかったため。また、インターネットで調べた口コミもよかったためです。見積もり価格は10万円でしたが、実際に請求された金額も見積もり通りの10万円でした。

 

見積もりに来てくださった際には押し売りのようなこともなく、終始丁寧なご対応でした。また引き取りにきてくださるときも丁寧な梱包と対応でした。新しい家への搬送も仕事が早く、家具や壁紙などに傷がついたなどもありませんでした。サービスに対して費用も高くないと感じました。対応や費用など全体を通して満足しています。

 

IT時代の引越しの心強い味方★無料一括見積もりサービス!!!

やはり今の時代、パソコンやスマートフォンを利用する方が非常に多くいらっしゃいます。
引越しの際、それを最大限に利用しないと勿体ないですよ♪
★☆★☆ 無料一括見積もりサービス ☆★☆★
パソコンからでもスマートフォンからでもアクセスができます!
忙しい方でも、カンタンに無料見積もりを複数の業者に依頼することができますよ^^
ぜひやってみて下さいっ♪♪

 

↓↓ 依頼はこちらから!いろんな業者の値段を比較してみよう♪♪ ↓↓

 

 

 

 

 

 

東京と宮城県間の引越しをできるだけ安く抑えるには

東京−宮城県の引越しでは自前での引越しを決めている人や、すでに引越し業者を決めている人、馴染みの引越し業者がある人などは別として、これから引越し業者を決めるという場合に個々の引越し業者にいちいち見積もりを貰って、値段を比較して…ということは手間と時間がかかり面倒です。とはいえ、なるべくなら安く費用を抑え、サービスのいい業者にお願いしたいものです。そんな引越し業者の選定に便利なシステムとして「引越し一括見積サイト」があります。

 

住所・名前・連絡先・引越しの規模・人数、間取り等の詳細な情報を入力してクリックすれば、無料で複数の引越し業者の見積もりを見ることができます。このシステムの利点は、複数の業者の中から条件のいい業者を選ぶことができることと、業者の側も自然と他社と競合する形になるので、より安い料金設定が期待できることです。

 

この見積もりをもとに、業者を決定したら、今度は訪問見積もりを依頼します。ネットでの見積もりはあくまで概算です。荷物の少ない単身引越しなどの場合は一括見積もりで十分かもしれませんが、家族引越しなど規模も大きくなると、入力した情報だけでは足らず、実際に現場を見て、建物の構造や荷物の量などによっても見積もりが変わることもあります。また、引越し業者との信頼関係の点からいっても一度訪問してもらった方が後々のトラブルを避けるためにも安全だと思います。顔を合わせることで、お互いに信頼感も生まれ、当日の引越しがスムーズに運ぶことにもつながります。また事前に引越し 相場は調べるようにしましょう。相場を知らないと無防備に価格交渉に望むようなものですからね。

 

 

おまかせコースはとっても便利です〜梱包を業者に任せる〜

引越しは手間暇がかかるものです。今住んでいるところからまったく違う場所へ移動するのですから何か全く異質のものを感じてしまうこともあります。引越しを簡単にする方法として、いかに荷物を処分できるかがカギとなりとよくいわれます。これはどれだけ不要品を捨てられるかということなのですが、これは日頃からよく考えておいたほうがいいことであることは間違いありません。

 

そしてそのようにシンプルな状態にしたあとに引越しの準備にとりかかるわけなのですが、日ごろ仕事をしている中で梱包などに割ける時間はなかなか取れるものではありません。そのような中で引越し専門業者が提供しているサービスが「おまかせコース」です。

 

これは文字通り引越しに関する全ての事を引越し専門業者に任せることです。梱包などを引越し業者のスタッフに任せることになるわけですが、引越しについて一番時間と手間がかかるのが梱包です。これを引越し業者に任せるのですからそれなりに引越し費用がかかるのはいたしかたありません。場合によっては通常の見積もり料金の倍くらいかかってしまうこともあるようですが、自分で時間をかけて梱包することができない人にとっては。

 

「おまかせコース」はまたとないサービスとなるのです。引越し費用がかさんでしまうのは痛いところではありますが、引越しにかかる手間がまったくかからないのは引越しをする側にとっても大きなメリットであることは間違いないですね。

 

 

忘れずに転入届を提出しましょう

新居のある土地に引越したら、それから14日以内に市町村役場に転入届を出さなければなりません。法律では14日以降を過ぎての提出は「5万円以下の過料」を取られてしまうことがあるので、できるだけ早いうちに出しに行くといいでしょう。転出届は引越しの2週間前から2週間後に提出すれば大丈夫ですが、転入届は事前に提出することはできませんので、注意しておきましょう。

 

 

転入届は、転入する本人または世帯主が提出する必要があります。代理人申請も可能ですが、その場合は委任状と転入する本人の確認ができる書類が必要になります。自治体によって必要なものが変わってきますので、代理人申請を希望する場合には、二度手間にならないよう前もって確認を取りましょう。
転入届を提出する際には、引越し前に手続きを行った転出証明書が必要となってきます。引越し前の手続きでも触れましたが、荷造りなどしている最中に失くさないよう、貴重品と共にきちんと管理しておくと安心です。貴重品は万が一のことを考えると梱包せずにバッグに入れるなどして、自分の体と一緒に引越しをさせたほうが安心ですから、そういったものと一緒にまとめておきましょう。もしも失くしてしまった場合には転出届を提出した自治体で「転出証明書に代わる証明書」というものを発行してもらうことが可能ですが、引越し後も慌しく過ごすことになるでしょうから、細心の注意を払っておきたいところだと思います。

 

また転入届を提出時に、役場で済まさないといけない事項をまとめておき一日で終わらせるとその後が楽ですので、国民年金や健康保険など各自届け出るものがないかどうか今一度確認しておくといいと思います。

 

 

東京⇔宮城県間の引越しで役立つ情報

引越し方法として「フリー便」というものを業者にすすめられた経験はありますか?フリー便とは、引越すタイミングを業者が決定するというものです。午前・午後のように一応の目安は提示しますが、これは目安にすぎません。世帯主が引越す時間帯を自由に決めることができない、それを「フリー便」と呼ぶのです。そうはいうものの大方、お昼に入っている依頼を片付けてから来てもらうケースが多いと推測されます。

 

「午前便」を説明しますと、引越しスタッフが業務開始直後にこなす案件を指します。確実に決められた時間に来るので、終わった後他の予定を入れやすいのですが、その分料金が高くなってしまいます。なので、多忙な人や定められた開始時間を守ってくれる方が嬉しいなあという人には良いですが、引っ越しが始まる時間はこだわらないというのであれば、午後便やフリー便の方が良いかもしれません。

 

よく「午後便」と言ったりしますが、午前便の案件を終えたトラックが、連続で午後便の仕事を行うのでやってくるのです。午後便の依頼がもし複数あったり、予定時刻までに終われなかったとき、この日の閉めとなる案件の開始時間は滅茶苦茶遅くなるのです。中でも多くの人が利用する時期は、あまり想像したくないですが、深夜から開始ということも…!

 

荷物があまりない引越しならば、意外にも、宅配便だけ用いて引越すことが不可能ではありません。どれほどの荷物になるかによって、低金額にしてもらえることでしょう。そうはいえども、もし大型家具やPCがあれば高くつきますので、ダンボールにおさまる範囲内の荷物量ならば、勧められます。

 

引越しプランの中には、混載便という同方向の荷物をまとめて送るものがあります。業者が同区域に向かう荷物を集約し、コンテナ・大型トラック等を利用して移送するのです。遠くへ引越す時にうってつけでして、何人か分の荷物をこれでひとまとめにする分、引っ越し代金を平時よりも落とすことが可能なのです。
チャーター便だと、旧居の掃除・荷造り・荷運びといった大変な仕事も、全部雇用主自身が実行しなければなりません。引越しにかかるコストをぐ〜んと下げることができるのはなぜかというと、このように、通常業者が対応するタスクまで、自力で行う必要があるためなのです。業者の判断次第で、チャーター便を頼んでも、トラック&運転手の他に、従業員を少数ですが付けてくれる場合もありますよ。

 

 

 

仕事や学業で忙しくてあるいは小さなお子さんがいて引越し準備をする時間が無いと悩んでいる方は有料プランとなりますが「おまかせパック」「楽々プラン」の利用を考えてみましょう。お任せという通り本やCD、リビングにある細々したいろいろなものも荷物の箱詰・梱包をしてくれ引越し先での荷解き・配置まで引越し業者のスタッフがすべてやってくれる最高のサービスです。費用はオプション料金が掛かりますが「こんなに楽に引っ越せる!」とリピーターが多いサービスなのです。実は此の間の引越しで私も利用してみたのですが、次の転勤の時にも必ずおまかせパックを利用すること間違いなしと感じました^^。

 

お任せのサービスはすべてをやってもらうこともできますが、梱包・箱詰めまでやってもらう(新居では自分ですべて行う)ある部分だけの依頼も可能ですので見積もりの時に聞いてみてはどうでしょうか。そうすることによって、それだけ価格も節約することができることになりますからね。

 

引っ越しの際に出る荷物ですが、なるべく少なめにすることを提案致します。どうしてか?それは、荷物量増大は代金も同様にアップしてしまうからです。例えばベッドみたいな大型荷物は、差し支えなければ新調し、積荷から外した方が良いです。